相続 弁護士 大阪の小西法律事務所

相続 弁護士 小西法律事務所

コンテンツメニュー

相続人の範囲

相続順位

民法上、被相続人の配偶者は常に配偶者となります。

また、被相続人の血族は、次のとおりの順位に従って相続人となります。

まず、第1順位が被相続人の子(民法887条1項)またはその代襲者(民法887条2項、3項)、第2順位が被相続人の直系尊属(民法889条1項1号)、第3順位が被相続人の兄弟姉妹(民法889条1項2号)またはその代襲者です(民法889条2項、887条2項準用)。それ以外の血族が相続人となることはありません。血族の中に上の順位の者がいる場合は、上位者のみが相続人となります。

なお、配偶者とその他の相続人は同順位になり、共同して相続人となります(民法890条後段)。

それでは、以下で具体例を挙げて説明します。

子と配偶者がいる場合

ア 原則
被相続人に配偶者と子がいる場合、子と配偶者が共同して相続人となります。
イ 代襲相続がある場合
被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、又は民法891条に定める相続欠格事由(法律上当然に相続権をはく奪し、相続人たる資格を失わせる事由)に該当し、もしくは廃除(相続欠格事由ほどではないが相続関係を破壊するとみられる一定の事由があり、被相続人の請求により相続権を失わせる場合)によって相続権を失ったときは、その者の子、すなわち被相続人の孫が、その者に代わって被相続人の配偶者と共同して相続人となります(民法887条2項)。
ウ 第2順位・第3順位の相続人との関係
被相続人の子は、第1順位の相続人ですから(民法887条1項)、他に第2順位・第3順位の相続人である被相続人の直系尊属や被相続人の兄弟姉妹がいたとしても、被相続人の直系尊属や被相続人の兄弟姉妹が相続人となることはできません。

配偶者と直系尊属がいる場合

ア 原則
被相続人に子がおらず、配偶者と直系尊属がいる場合、配偶者と直系尊属が相続人となります。
イ 親等の異なる直系尊属がいる場合
直系尊属が相続人となる場合、親等(親子関係を単位とする親族関係。被相続人の父と祖父がいる場合には、父は1親等、祖父は2親等となる。)の近いものが優先されます(民法889条1項1号但し書き)。
ウ 第3順位の相続人との関係
被相続人の直系尊属は、第2順位の相続人であることから(民法889条1項1号)、他に第3順位の相続人である被相続人の兄弟姉妹がいたとしても、被相続人の兄弟姉妹は相続人となることはできないことになります。

配偶者と兄弟姉妹がいる場合

ア 原則
被相続人に、子も直系尊属もおらず、配偶者と兄弟姉妹のみがいる場合、配偶者と兄弟姉妹が相続人となります。
イ 代襲相続がある場合
被相続人の兄弟姉妹が、相続の開始以前に死亡したとき、または民法891条に定める相続欠格事由に該当し、もしくは廃除によって相続権を失ったときは、被相続人の兄弟姉妹の子(被相続人の甥・姪)が、被相続人の兄弟姉妹に代わって被相続人の配偶者とともに相続人となります(民法889条2項、887条2項準用)。

配偶者がいない場合

被相続人に配偶者がいない場合、血族の中で上位の者が相続人となります。なお、血族の中で上位の者が複数いる場合、それらの者が共同して相続人となります

【例1】被相続人の子またはその代襲者(代襲相続により相続人となる者)がいる場合
⇒被相続人の子またはその代襲者が相続人となります(民法887条)。
【例2】配偶者だけでなく、被相続人の子またはその代襲者もおらず、被相続人の直系尊 属がいる場合
⇒被相続人の直系尊属が相続人となります(民法889条1項1号)。
【例3】配偶者だけでなく、被相続人の子またはその代襲者も、被相続人の直系尊属もおらず、被相続人の兄弟姉妹またはその代襲者がいる場合
⇒被相続人の兄弟姉妹またはその代襲者が相続人となります(民法889条1項2号、同条2項、887条2項準用)。

無料法律相談お申込み

CONTACT

小西法律事務所

KONISHI LAW OFFICE

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満3-13-18【MAP】 島根ビル4F (1F:ミスタードーナツ)
地下鉄 堺筋線・谷町線南森町駅2番出口を出て阪神高速高架をくぐり徒歩5分
京阪本線北浜駅26番出口京阪中之島線なにわ橋駅3番出口を出て、難波橋を渡り徒歩6分
JR東西線大阪天満宮駅3号出口を出て、阪神高速高架をくぐり徒歩 6分
  • 弁護士を大阪でお探しなら
  • 公正証書遺言
  • 成年後見 大阪
  • 交通事故 弁護士
  • 離婚 弁護士
  • 寄与分